葉酸サプリはなぜ妊活から必要?

厚生労働省も摂取を進めている「葉酸」、一体どんな働きがある成分なの?

妊娠中はもちろん、妊活中から必要な成分として、近年どんどん注目が高まっているのが「葉酸」です。でも、親世代やさらにその上の世代の女性に聞いてみると、「葉酸なんて摂らなかったよ?」という答えが返ってくるのではないでしょうか。

それもそのはず、日本では厚生労働省から“妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取に関する通知”が出されたのは2000年のこと。

それまで、葉酸は妊活中に摂るべき成分としてあまり知られていませんでした。 そもそも葉酸というのは、水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種。妊娠初期は胎児の細胞増殖が盛んなので、特に葉酸がたくさん必要であるといわれています。

しかし、 妊娠初期というのは、まだまだ妊娠していることに気づきにくいタイミング。そのため、気づいてから慌てて補給し始めても遅い、という恐れもあります。だからこそ、早めの摂取を勧められているんですね。

天然?合成?葉酸にも種類があるみたいだけれど、どれを摂ればいいの?

現在、たくさんの葉酸サプリメントがありますが、よく見てみると「天然」「モノグルタミン酸型」「合成」などの言葉がついていて、結局どれを選べばいいかわからない…と悩んでしまいますよね。

葉酸は大きく分けて「天然=ポリグルタミン酸型」と「合成=モノグルタミン酸型」のふたつ。一見すると「天然」の方が体に良さそうに感じますが、厚生労働省が推奨しているのは、実は「合成=モノグルタミン酸型」の方。

もともと葉酸は、野菜や柑橘類、レバーなどの食品にも含まれているのですが、調理の段階で失われるほか、体内での吸収率が低いため、天然型はたくさんの量の摂取には向いていません。天然葉酸は消化・吸収の段階で様々な影響を受け、その生体利用率は50%以下とも言われています。

つまり、同じ400μgの葉酸を補った場合、合成葉酸ならば400μg吸収できたとすると、天然葉酸は200μg以下しか吸収できないことに。 葉酸をしっかり摂取しようと思うなら、合成=モノグルタミン酸型の葉酸がオススメです。